忍者ブログ
本日は北播車輌(架)にお越し頂き誠にありがとうございます。 ここでは主に新型車両を中心に車輌加工等を下手ながら行っております。 他にもイラスト、実車撮影、車等も扱っております。 つまらないかもしれませんがごゆっくりどうぞ。 開設日 2007年5月27日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは。昨日は休みだった管理人です。

6月は休みが先月に比べて1日多いみたいです…。
今月は勤務時間的に残業代もつかないのでだいぶお給料減りそうですねー。

5月は逆に休みが2日少なくて残業が延べ35時間でしたが。
GWはもう思い出したくもない。

そういえばTOMIXの予定表がひどい事になっていますね。
287系とキハ40系更新車がまた延びましたよ。

KATOが後で発表→先に発売出来たところを見るとTOMIXは「やる気がないのか?」と思わざるを得ません。
後発で新製品を発表してそれがこの2製品より先に出るんですからね。
225系、E259系、E231-800系…相変わらず新型車を冷遇しますねぇTOMIXは。

E6系はE5系と同時発売にしろよと。
単独で遊ぶよりくっつけて遊ぶ人の方が多数派だと思うんですがねぇ。

今日は381系の出場記事を。


比較的早い出場となりました。

それでは続きへ。



とりあえずサイドビューから。


城崎温泉方先頭車・クロ381-126。
グリーン車マークをどうにかしたいところです。


モハ380-63。


モハ381-63。動力車です。
製品状態とはユニットを振り替えています。


新大阪方先頭車・クハ381-125。


増結用ユニット。モハ380-61。


同じくモハ381-61。

増結用ユニットは今後46番に改番して正規の増結ユニットにしようかと考えています。


前面。前面幕はデフォルトで「こうのとり」。バリエーションで「きのさき」「はしだて」「なつかしのくろしお」を搭載。
側面幕は「こうのとり/新大阪」と「こうのとり/城崎温泉」です。


「なつかしのくろしお」掲出状態。
FE66編成が充当されていましたから是非とも再現したかったんですよね。


写真が傾いているのが申し訳ないですが側面ドア付近。
ドアコックなどの墨入れを実施してます。
ドアゴムは「くろしお」転用車なので金属押さえの銀色を再現。
黒のままだと日根野区の国鉄色編成仕様になります。


パンタ周り。いつもの標準工法です。
ベンチレーターは塗装して落ち着かせてみました。


運転席上。ここも未塗装部分を塗装。


妻面もダクトやジャンパ栓に墨入れ。
いい感じの立体感が出ました。


グリーン車と普通車で座席色を変えています。

ここからはレイアウト上での写真を。


複々線を走行中。


久々に一眼レフを出してきました。


287系とすれ違い。Twitterにアップしたら反響の大きかった写真です。


一眼レフで撮ってみたバージョン。


複線のストレートで。後ろが切れてるorz


回送線との交差地点で。MA編成とすれ違います。


最後は駅東側カーブ。最近気に入ってる撮影地の1つです。

以上、381系の出場記事でした。
次は287系の出場記事になるかと思います。

では。失礼いたします。

拍手[5回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カウンター
リンク
もう一人の黄帯快速
ハル一番っ!

ハヤテのごとく!関連・春風千桜FC(ファンクラブ)
※公衆での閲覧は遠慮した方がいいと思います。
プロフィール
HN:
黄帯快速
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1991/07/27
職業:
見習いホテルマン
趣味:
鉄道模型・鉄道イラスト製作・車・漫画
自己紹介:
とあるホテルで働く見習いホテルマン。
221~225系を中心としたJR西日本新型車が好き過ぎる人。
新型車ならたいてい好きです。どっちかと言うとアンチ旧車。

結構ものの好き嫌いが激しいです。
嫌いなものについては時折キツイ一言が飛ぶ場合がありますが悪しからず。
また悪い冗談やたとえ話が飛ぶ場合もあります。
ちょい口の悪い人だと思ってくれれば幸いです。

(重要)読者様の「観る・読む」権利は自由です。
もし読んでて不快に感じた場合は黙ってお帰りください。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]