忍者ブログ
本日は北播車輌(架)にお越し頂き誠にありがとうございます。 ここでは主に新型車両を中心に車輌加工等を下手ながら行っております。 他にもイラスト、実車撮影、車等も扱っております。 つまらないかもしれませんがごゆっくりどうぞ。 開設日 2007年5月27日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんは。連休2日目の管理人です。

今日は地元のJoshinでKATOの287系を引き取ってきました。
入荷した直後くらいに来れたようでナイスタイミングで入手できましたよ…。

という事で残った221系の出場記事は次に回します。

最安で手に入れるにはやっぱりネットか地元の店頭なんですよねぇ。
車の修理費払ったら103系もWebで予約しましょうか…。

KATO103系用ジャンパ栓も再販されますしTOMIXのFW動力と合わせて入手したいところです。

それでは見ていきましょうか。KATOの新製品・JR西日本の最新型特急電車287系!
そういえば「こうのとり」に続き「くろしお」も製品化されるようですね。
個人的には287系より381系の「くろしお」カラーを模型化して欲しかったんですが…。
「くろしお」用287系はTOMIXで導入予定です。


もちろん7連ですっ!

それでは続きへ。





ケースを開けましょう。


こんな感じです。増結セットに基本セットを納める形になるのは既報の通り。


ステッカーは運用範囲をほぼカバーしていますね。
うちではジオマトリックスのステッカーを使うので号車表記のみ使います。
行き先LEDの文字が読みにくいのは気のせいですかね…今回はなかなか悪くない感じですけど。


増結セットにはこんなシールも同梱されています。


KATO225系で最大の弱点だったライトですが287系では改善されています。
ライトの照度も上がり、フォグライトの色も薄めにされています。
(225系は室内シースルーの兼ね合いもあって難しかった?)
運転台上のライト色の違いももちろん再現。

まぁ満足できる感じではないかと思います。
ただ若干ライトの大きさが小さいのではと思わないでもないですが。


ライトケース。成型色が独特ですねぇ。

それでは各車両の紹介を。FA05編成+FC05編成です。


城崎温泉方先頭車・クモロハ286-5。
半室グリーン車です。


モハ287-105。身障者対応設備があります。


モハ286-5。動力車です。


新大阪方先頭車・クモハ287-9。

続いてFC05編成。


城崎温泉方先頭車・クモハ286-5。
この車両にはライトが装備されてません。うちの余剰部品が出てきたらつけてやろうかな?


モハ286-105。身障者設備つきです。


新大阪方先頭車・クモハ287-11。
モハ287とクモハ287でパンタの向きが違うのも面白いとこですね。

それではいろんなとこを見ていきましょう。


内装色は着色済みです。グリーン車も茶色成型と683系とは違って的確に色分けされています。
(まぁ普通車も茶色っていうのはおかしいんですけども)


身障者対応車はきちんと座席を2+1にして再現されてます。


屋根上。パンタは225系と同じものです。
2基パンタ車の複雑な配管もきちんと再現されてていい感じ。


683系とはクーラーの形態が微妙に違います。


床下機器は225系や321系と同様三菱製のVVVFを積んでいる車両がモデルです。
一見すると225系や321系と同じように見えるこの床下も287系専用に機器が追加されていたりします。


台車も作り分けされています。
ガラスは実車どおり薄緑色に着色済み。実車の雰囲気を出してます。
行き先表示を貼らないとのっぺらぼうなのでみっともないですねぇ。



683系と比較。こうして見ると287系の丸みが良く分かりますねぇ。


前に自作した287系(無車籍)と。丸さが足りなかったか…。


FC編成を前から。

それではレイアウト上での写真を。


7両編成で試運転。


いやーやっと来たなってのが正直な感想です。


381系「こうのとり」と競演。
先月出た新製品と今月出た新製品の競演っ!すばらしい!!


今の「こうのとり」が揃いましたね。


真新しい白い車体は映えますねー。


ふと381系が287系カラーになったらどうなるかなと考えてしまいました…。
国鉄特急色である理由はなんなんでしょうね?


381系も287系入線に合わせて仕上げました。福知山区FE66編成です。


是非ともやりたかった福知山線の新時代を感じさせる一枚。
225-6000系ML04編成と競演!


イイですねぇ…!


外側線走行中。


後打ち。


最新鋭特急車という事で今後も何かと出番が多そうな車両です。

うちではもちろん福知山線のメンバーで「こうのとり」として活躍させます。
朝ラッシュ時に大阪へ向かう自由席が多い「こうのとり」2・4号をプロトタイプにしようと思います。
いつでも7連ですからね。


歴代の福知山線特急車。ディーゼルカーは…まぁ今後検討したいと思います(汗)


287系が入線した事により2013年現在のJR宝塚線の車両が全て揃いました!
いや~ついにこの日が来たんですねぇ。


2011年時点でも揃いました。
287系がデビューした頃車両が足りなくて381系もいたんですよね。
たった数ヶ月で消えてしまいましたが。


アーバンネットワークを走る特急列車を並べてみました。
いやぁ増えたなぁ(汗)

キハ189系はまだかっ…!

以上、KATO287系「こうのとり」入線記事でした!

では。失礼いたします。

拍手[20回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
287系
こんにちは。ご無沙汰してます。
私も買いました、287系。225系の件もあって心配していたライトも明るくていい感じで一安心しましたね…。3両編成を単独で走らせるべくAssyパーツも予約済みなので、それに先がけて基本セットは「こうのとり/城崎温泉」に、増結セットは「こうのとり/福知山」にそれぞれ設定しました。
KATOもくろしお仕様の製品化を発表しましたね…。私は既にTOMIXで予約してあるんですが、出来栄えによってはKATOに乗り換えるかもしれません…。
221rapid
ひかり183号 URL 2013/05/28(Tue)10:25:01 編集
無題
本当にいいですね~ 買う予定だったんですが都合上、、、 はあほしいなー
221rapid
テレ 2013/05/28(Tue)18:05:14 編集
無題
こんにちは。お久しぶりです。
287系は225系から改善の面が見られていてこちらもホッとしました。
3連単独走行ですか~。それもいいですねぇ。
うちも3連別に用意して検討しようかな…。
TOMIXの287系も気になるところですね。
うちもくろしおはTOMIXで予約しているのですが225系のときと同様いつまで待たされるのかちょっと不安です。
221rapid

黄帯快速 2013/05/31(Fri)10:51:55 編集
KATO 287系「こうのとり」を拝見して。
黄帯快速さん、初めまして、BOUQUETFRAGRANCEです。
KATOの、Nゲージ・JR西日本 287系「こうのとり」(4両基本セット・10-1107 3両増結セット・10-1108)の写真ですね、上手に撮影されておりますよ、気に入りました、お見事です、今後とも、大切に扱い、末永い愛用を心がけて下さい。

実は、ぼくも、KATOのNゲージ・JR西日本 287系「こうのとり」(4両基本セット・10-1107 3両増結セット・10-1108)を所有しております、こちらは、今年の5月25日・ホビーセンターカトー・大阪店の通信販売で、27286円という定価販売で購入・納車した、5月23日に新発売された製品で、新品で新製配置されたものであり、LED室内灯・クリア(11-211・1両分・11-212・6両分)を標準装備した、夜間運転に対応する、豪華版となっております。

今後とも、大切に扱い、末永い愛用を心がけて行きたいと想い、願っております。
221rapid
BOUQUETFRAGRANCE URL 2013/06/22(Sat)05:30:24 編集
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カウンター
リンク
もう一人の黄帯快速
ハル一番っ!

ハヤテのごとく!関連・春風千桜FC(ファンクラブ)
※公衆での閲覧は遠慮した方がいいと思います。
プロフィール
HN:
黄帯快速
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1991/07/27
職業:
見習いホテルマン
趣味:
鉄道模型・鉄道イラスト製作・車・漫画
自己紹介:
とあるホテルで働く見習いホテルマン。
221~225系を中心としたJR西日本新型車が好き過ぎる人。
新型車ならたいてい好きです。どっちかと言うとアンチ旧車。

結構ものの好き嫌いが激しいです。
嫌いなものについては時折キツイ一言が飛ぶ場合がありますが悪しからず。
また悪い冗談やたとえ話が飛ぶ場合もあります。
ちょい口の悪い人だと思ってくれれば幸いです。

(重要)読者様の「観る・読む」権利は自由です。
もし読んでて不快に感じた場合は黙ってお帰りください。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]