忍者ブログ
本日は北播車輌(架)にお越し頂き誠にありがとうございます。 ここでは主に新型車両を中心に車輌加工等を下手ながら行っております。 他にもイラスト、実車撮影、車等も扱っております。 つまらないかもしれませんがごゆっくりどうぞ。 開設日 2007年5月27日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは。今日は休日の管理人です。

もう7月も終わりですね。8月が終われば秋ですか。
月日が流れるのは早いものですね…。

体調も復帰し仕事にも戻ってますが3日間ろくに歩いてないと筋力って落ちるんですね…。


今日は待望の「4339 103系関西型福知山線T4編成1998」がやってきたので紹介します。



それでは続きへ。



拍手[2回]

PR
こんにちは。テストが始まった管理人です。

日本史はまぁ期待出来そうですが理科がグダグダでした。

明日は山っぽいので頑張ります。

・・・223-1000系用のパーツが遅延だそうです@JoshinWeb

という事で今日は2両に窓貼り付けてシールぺたぺた貼って大ミハT-3編成を完成させました。

2編成目の宮原電車区103系です。

461aa0c2.jpeg
7両編成です。
全車完成させて連結すると今までの苦労が吹っ飛びますよね。

続きへどうぞ。

拍手[3回]

こんばんは。自宅待機処置が解かれた管理人です。

ということで来週はテストウィークです!

勉強しないと休みのせいで頭から内容が抜けつつあるんでヤバいです。

今日はやっと完成したモハ103-779でも載せておきますね。

モハ102-2036とサハ103-367は完成記事を一括にします・・・。

627d9748.jpeg
初のTOMIXベース車です。思ったよりはイメージがKATO寄りになったかな・・・と思います。

TOMIX製は妻面ガラスがある事と窓埋めがやりやすい事(ガラスにツメがない)が長所ですがKATO製と比べると戸袋窓がデカかったり窓がカクカクしてたりモハ103の妻面配管がなかったり床下機器が113系の流用だったりとKATO製を基準で考えると短所が目立ちます・・・。

ですがまぁ良い感じになったのではないかと・・・。

ff6c7bbe.jpeg
モハ102-2042と比較。パッと見じゃあんまり差が分からないと思います。
ベンチレーターを別色にしたんでなんか見た目がGMの103系関西型みたい・・・(笑)
立ち上がりの悪いフニャフニャのパンタグラフでも塗装すれば適度に落ち着きます。

e20c2a33.jpeg
瞬間接着剤の削り具合がいまいち良くなかったクハ103-128の運転台後ろを削ってからタッチアップしておきました。
目立たなくなって良い感じです。

58c9a6fa.jpeg
次はモハ102-2036です。

d3150da9.jpeg
大モリ10編成のモハ102-652のクーラーを交換(正規化)しました。
103系の屋根上関連の改造は全て終了しました。

やっぱり結構いい感じですよ。カッコ良くなります。

さて、勉強しつつ模型製作頑張らないとなぁ・・・。

では。失礼いたします。


拍手[0回]

こんにちは。動画の第2弾でも作ってみようかと思っている管理人です。

221系とか223系とか207系とかの実車系PVも作りたいなぁと思ってますが、果たして・・・?

まぁいつになるかは分からないんですけどね。

今日は大ミハT-3編成の新三田寄りモハユニット・モハ103-785とモハ102-2042を紹介しようと思います。

実車は宮原区撤退まで宮原に居たいわば生え抜き車両です。

宮原T-3編成だと生え抜き車はクハ103-844とモハユニットだけですね。

※中間車なんで写真省略です。すいません!

それでは続きへどうぞ。

拍手[0回]

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
リンク
もう一人の黄帯快速
ハル一番っ!

ハヤテのごとく!関連・春風千桜FC(ファンクラブ)
※公衆での閲覧は遠慮した方がいいと思います。
プロフィール
HN:
黄帯快速
年齢:
25
性別:
男性
誕生日:
1991/07/27
職業:
見習いホテルマン
趣味:
鉄道模型・鉄道イラスト製作・車・漫画
自己紹介:
とあるホテルで働く見習いホテルマン。
221~225系を中心としたJR西日本新型車が好き過ぎる人。
新型車ならたいてい好きです。どっちかと言うとアンチ旧車。

結構ものの好き嫌いが激しいです。
嫌いなものについては時折キツイ一言が飛ぶ場合がありますが悪しからず。
また悪い冗談やたとえ話が飛ぶ場合もあります。
ちょい口の悪い人だと思ってくれれば幸いです。

(重要)読者様の「観る・読む」権利は自由です。
もし読んでて不快に感じた場合は黙ってお帰りください。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]