忍者ブログ
本日は北播車輌(架)にお越し頂き誠にありがとうございます。 ここでは主に新型車両を中心に車輌加工等を下手ながら行っております。 他にもイラスト、実車撮影、車等も扱っております。 つまらないかもしれませんがごゆっくりどうぞ。 開設日 2007年5月27日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは。3連休の中日ですね。

今日はこんなことをやってました。

s-IMG_1408.jpg
線路を全て解体しました。

これから1時間ほどレールを組んでました。

昨日調達してきた複線線路と手元にある架線柱、線路をかき集めました。

こうして出来たのが、これです。

s-IMG_1409.jpg
こんな形になりました。留置線も8~9連が4本止まれるようになりました。

今回のプランの見せ所はこれです。

s-IMG_1412.jpg
S字カーブが2つつながった区間です。また、工場は建設中の状態になっています。

Sカーブ区間は直線線路捻出のためもあり作りました。

工場や材料線へ入るには留置線1番線からスイッチバックで入ります。

これにより、留置線エリアと工場エリアに分けることが出来ました。

ついでに、こんなことを。

s-IMG_1410.jpg
僕が持っている主要な模型をまとめてみました。

ブックケース、増えましたねぇ…。

つい数年前は3つしかなかったんですが…。

まあここを見ていらっしゃる読者様はたくさん持ってらっしゃると思いますがね。

線路も完成したんで、早速走らせます。

s-IMG_1414.jpg
1番目は223系新快速。やっぱりカーブからの構図は良い感じです。

223系を駅に入れて続いて2本目です。

s-IMG_1415.jpg
2本目は205系です。動力が今ひとつなんで清掃をしてやらないと…。

s-IMG_1418.jpg
カーブで一枚。実車は撤退して結構経ちますがこの世界ではいつまでも走り続けます。

s-IMG_1419.jpg
留置線4番線へ入庫します。

s-IMG_1420.jpg
続いて駅2番線に居た223系も留置線3番線へ入庫しました。

駅が空になった所で、あと2本の留置線に入線させる2本を走らせます。

まず1本目は、これです。

s-IMG_1421.jpg
201系原型車です。日の当たり方も良い感じです。

s-IMG_1422.jpg
留置線を横目に走行中です。

s-IMG_1428.jpg
駅2番線へ入線です。本線の普通電車といえばコレでしょう!

s-IMG_1430.jpg
留置線2番線へ入庫します・・・。くねる車体がまた良い感じです。

さて、最後の4本目は…。

s-IMG_1432.jpg
やっぱりコレでしょ!221系。良い感じです~。

s-IMG_1433.jpg
新しい複線線路良いですねぇ~。2番線に入線、これから回送です。

s-IMG_1434.jpg
221系は留置線1番線へ入庫。並びました。

ここで一旦停止して、ここより先へ進みます。

s-IMG_1435.jpg
上から見た写真です。留置線1番線の221系が材料線進入用ポイント上に停車しているため、さらに先へ進むわけです。

s-IMG_1436.jpg
221系が先に進み、ポイント手前に最後尾が停車しました。

s-IMG_1437.jpg
別角度から。

ここは固定式線路のポイントを使用しました。

材料線側は絶縁しているため材料線の部分へは電気が流れません。

工場側が完成しても非選択式ポイント(どちらに開いていようがどちらにも電流が流れる)の特性を生かして、このままになる予定です。

ただ、ジョイナーが外れやすいのが難点です・・・。

では。失礼いたします。






拍手[0回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カウンター
リンク
もう一人の黄帯快速
ハル一番っ!

ハヤテのごとく!関連・春風千桜FC(ファンクラブ)
※公衆での閲覧は遠慮した方がいいと思います。
プロフィール
HN:
黄帯快速
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1991/07/27
職業:
見習いホテルマン
趣味:
鉄道模型・鉄道イラスト製作・車・漫画
自己紹介:
とあるホテルで働く見習いホテルマン。
221~225系を中心としたJR西日本新型車が好き過ぎる人。
新型車ならたいてい好きです。どっちかと言うとアンチ旧車。

結構ものの好き嫌いが激しいです。
嫌いなものについては時折キツイ一言が飛ぶ場合がありますが悪しからず。
また悪い冗談やたとえ話が飛ぶ場合もあります。
ちょい口の悪い人だと思ってくれれば幸いです。

(重要)読者様の「観る・読む」権利は自由です。
もし読んでて不快に感じた場合は黙ってお帰りください。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]