忍者ブログ
本日は北播車輌(架)にお越し頂き誠にありがとうございます。 ここでは主に新型車両を中心に車輌加工等を下手ながら行っております。 他にもイラスト、実車撮影、車等も扱っております。 つまらないかもしれませんがごゆっくりどうぞ。 開設日 2007年5月27日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんは。最近は心がささくれがちの管理人です。

最近はもう何もかもが嫌になるときがあります。どいつもこいつも人を馬鹿にして・・・!

でも、宝塚線/山陽本線(神戸周辺)をイメージしたレイアウトを作るのと、「ハヤテのごとく!」の連載が終わるまでは死ねません(笑)

レイアウトは社会人になってからですね・・・。分割式で。

その時も、このブログが在れば良いですね。

話が脱線してしまいました。すいません。

今回は架空鉄道の記事第2弾、路線紹介です。

今日はNHRの基幹路線、城戸本線と、城戸本線から分岐している空港アクセス路線、吉都空港線の紹介です。

とりあえず、路線図をどうぞ。

路線図

概要

NHRの基幹路線であり、昭和35年に沿線の平橋市、里崎町、南条市、西花市、永和市、長堀市、本谷市、平見市、高良市、辻中市、吉都市、浜川市、大都市、緋桜町、朝宮市、日沖町、城戸市の3町14市が共同で開通させた。

軌間は狭軌で、電気方式は直流1500V。全区間は複線。ただし、西花~朝宮間は複々線。
保安装置はNHR式ATC。
運転最高速度は平橋~西花間が130㎞/h、西花~朝宮間が140㎞/h、朝宮~城戸間が130㎞/hとなっています。
電車区は吉都から1駅の大発にあります。また、南条駅にはNHR車両全般の検査を行う工場が存在する。

日本トップクラスの超高規格路線。

私鉄2路線、地下鉄1線と相互乗り入れしています。

路線モデルはJR東日本の中央総武線とJR西日本の琵琶湖・京都・神戸線です。
人身事故の復旧は京急や阪急ばりに早く、大規模な運行障害発生時には他路線との乗り入れを中止する方式を採用。

種別

普通(緩行線)
基本的に西花~朝宮間のみで運行。
日中は長堀~朝宮の運用が多い。
長堀市営地下鉄乗り入れ運用では普通幕が青い。


普通(快速線)
区間快速/快速/空港快速電車の平橋~長堀間と、朝宮~城戸間で表示。該当区間は各駅停車。

区間快速
朝夕ラッシュ時のみ長堀~大都間で運転。
停車駅は本谷、平見、土居、高良より各駅停車。
緩行線を走行。

快速
西花~朝宮間(日中は長堀~朝宮間)で運転。
停車駅は(清浜、永和、西永和)、長堀、本谷、平見、土居、高良、辻中、吉都、大発、垣島、名賀、大都、徳成、朝宮。
緩行線を走行。

空港快速
西花~朝宮間で運転。
停車駅は清浜、長堀、本谷、平見、土居、高良、辻中、吉都。吉都から空港線に入り吉都空港線内は各駅停車。
快速線を走行。

直通快速
帝山台(西花急行電鉄)~朝宮間で運転。
城戸本線内の停車駅は緩行線経由の快速と同様。

高快速
特急と並ぶ城戸本線内の最高種別。平橋~城戸の全区間で運転。
停車駅は南条、西花、(永和)、長堀、高良、吉都、大発、大都、朝宮、城戸。()内はラッシュ時のみ停車
最高速度140㎞/hで運転。快速線を走行。

特急
高快速と並ぶ城戸本線内の最高種別。特急券が必要。
運行系統は平橋~吉都空港間と長堀~桜川温泉の2種類。
停車駅は高快速と同様。

今日はここまでです。

また、後日書き足す場合があります。

明日は吉都環状線・緑川線の紹介です。

では。失礼いたします。



拍手[1回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カウンター
リンク
もう一人の黄帯快速
ハル一番っ!

ハヤテのごとく!関連・春風千桜FC(ファンクラブ)
※公衆での閲覧は遠慮した方がいいと思います。
プロフィール
HN:
黄帯快速
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1991/07/27
職業:
見習いホテルマン
趣味:
鉄道模型・鉄道イラスト製作・車・漫画
自己紹介:
とあるホテルで働く見習いホテルマン。
221~225系を中心としたJR西日本新型車が好き過ぎる人。
新型車ならたいてい好きです。どっちかと言うとアンチ旧車。

結構ものの好き嫌いが激しいです。
嫌いなものについては時折キツイ一言が飛ぶ場合がありますが悪しからず。
また悪い冗談やたとえ話が飛ぶ場合もあります。
ちょい口の悪い人だと思ってくれれば幸いです。

(重要)読者様の「観る・読む」権利は自由です。
もし読んでて不快に感じた場合は黙ってお帰りください。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]