忍者ブログ
本日は北播車輌(架)にお越し頂き誠にありがとうございます。 ここでは主に新型車両を中心に車輌加工等を下手ながら行っております。 他にもイラスト、実車撮影、車等も扱っております。 つまらないかもしれませんがごゆっくりどうぞ。 開設日 2007年5月27日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんは。キハ122/127のトレインバナーを試作してみた管理人です。

223-5500ベースなんですがかなり不細工に・・・。

やっぱり高さ34ピクセルで再現するには無理があるか・・・?投稿の目処がついたら投稿します。

今日はNHR吉都環状線/緑川線の紹介です。

路線図

概要
☆吉都環状線
吉都市が市電廃止の代わりに昭和57年に敷設。最初は吉都市の市営だったが、城戸本線との乗り入れ(現在は廃止)に伴いNHRへ編入。高架区間が全区間の6割を占める。
保安装置はNHR式ATC。運行する電車は全て10両編成。ラインカラーは青色。

☆緑川線
経営危機に陥っていた緑川鉄道(黒羽~緑川間)を新線建設(白陽~黒羽)の上吸収合併。
一部の電車は吉都環状線と直通運転を行っている。NHRの全4路線中何故か運行障害発生数は最多。
保安装置はNHR式ATC。運行する電車は6~10両編成。ラインカラーは深緑。
NHRでは唯一3ドア車が使われている線区。
途中の大宝寺に大規模な電車区があり、吉都環状線の車両もそこに配置されている。
予備車不足で慢性的な車両不足に悩まされており、現在も城戸本線より10連2本を借用中である。
(城戸本線方面に予算が回るためなかなか緑川線に予算が回らない)

モデルはJR西日本の大阪環状線と大和路線/阪和線です。

種別

普通
吉都環状線では内回り/外回りに分けて運行。
金座~黒須、白陽~南川などの区間運用も存在する。また、駅の構造上吉都駅折り返しは出来ない。
一部の電車が緑川線に直通する他、朝夕のラッシュ時は入出庫の関係上大宝寺始発/終着のものも多い。
方向幕表示は基本的に周回運転の電車は「吉都環状線」と表示される。

緑川線では白陽~緑川間で運行。光陽市発着の区間運転もある。
方向幕は城戸本線のものと違い緑地に白字で書かれている。

区間快速
朝夕ラッシュ時のみ運転。白陽~黒須間(吉都経由)で運行。吉都環状線内は各駅に停車する。

緑川線内での停車駅は快速と同様。
車両は緑川線の車両の他にも吉都環状線の電車が使用される。

快速
白陽~黒須(朝夕は金座発着の運用も存在する)間で運行。すべて緑川線からの直通電車で、全て緑川線用の車両が用いられる。
停車駅は白陽、吉都、鳴海、南川、鷹原、黒須。

緑川線での停車駅は白陽、大宝寺、黒羽、光陽市、門沢、緑川。

今日は城戸本線の記事も加筆予定です。

明日からは車両紹介に移ります。

この車両紹介が終わればまた通常の記事に戻ります。

では。失礼いたします。






拍手[0回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カウンター
リンク
もう一人の黄帯快速
ハル一番っ!

ハヤテのごとく!関連・春風千桜FC(ファンクラブ)
※公衆での閲覧は遠慮した方がいいと思います。
プロフィール
HN:
黄帯快速
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1991/07/27
職業:
見習いホテルマン
趣味:
鉄道模型・鉄道イラスト製作・車・漫画
自己紹介:
とあるホテルで働く見習いホテルマン。
221~225系を中心としたJR西日本新型車が好き過ぎる人。
新型車ならたいてい好きです。どっちかと言うとアンチ旧車。

結構ものの好き嫌いが激しいです。
嫌いなものについては時折キツイ一言が飛ぶ場合がありますが悪しからず。
また悪い冗談やたとえ話が飛ぶ場合もあります。
ちょい口の悪い人だと思ってくれれば幸いです。

(重要)読者様の「観る・読む」権利は自由です。
もし読んでて不快に感じた場合は黙ってお帰りください。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]