忍者ブログ
本日は北播車輌(架)にお越し頂き誠にありがとうございます。 ここでは主に新型車両を中心に車輌加工等を下手ながら行っております。 他にもイラスト、実車撮影、車等も扱っております。 つまらないかもしれませんがごゆっくりどうぞ。 開設日 2007年5月27日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんは。今日で12月ですね。管理人です。

今日は朝10℃だったのでまぁ普通にちょっと寒い用の格好したら大丈夫かな~と思ってそんな格好で行ったら痛い目見ました・・・。

風って想像以上に体温を奪いますねぇ。
周りの友人が風邪を引いてるので注意しないと・・・。

なんだかんだで出席率100%を維持してます。

撮影記もありますがそれはまた土日にでもして今日は折角のいい日なんで記事にでもしましょう。

今日で225系が営業運転を開始して1年になりました!
321系も6年目に突入ですね!

最初は本線だとわずかに5本のみで見るのにもなかなか難しかった225系ですが現在は約3倍増の16本に。なかなか見たり乗ったりする機会も増えてきました。

223-1000系登場から16年、満を持して登場した225系は個人的に最高の仕上がりで登場したのではと思います。

静かな車内、揺れの少ない走行、130km/h運転を感じさせない余裕さ・・・まさに「新快速」の後継車両にふさわしいと思いましたね。

特に欠点らしい欠点と言えば個人的に思い当たりません。
黄色いつり革に茶色いシートの内装も好きですしね。座席の列によって窓柱が当たる所くらいですかね。
前面展望がやりにくいのも欠点と言えば欠点かも。

でもそんな225系が今自分の最も好きな車両の1つです。
同列に並ぶのが221系や207-2000系、阪神9000系とかですね。

やっぱり性能に惚れてるというのも今回はありますね~・・・。
1編成当たりの最大出力は日本最強クラスですし高速性能もいいですからね。
(ちなみに通勤電車最強の組成は京急新1000形6次車(4M0T)が4連×3で12連を組んだときの155kw×48で7440kwのようです)

321系も紆余曲折ありましたが今や本線の顔として西は加古川・篠山口、東は野洲・木津までの広範囲な活躍を見せてますね。
103系がまだまだいるので阪和線への321系もしくはその後継の投入があるのか気になるところです。

s-wIMG_4698.jpg
225系と321系の写真がこれくらいしかなかった・・・。
どっかで撮れないもんですかねぇ。須磨とかなら撮れるかも?
データイムのL編成の運用を狙い撃ちすれば難しくはない!?

s-iIMG_0159.jpg
今日はI2に乗れて朝からテンション上がりました。
ドアの圧力緩め機構はI編成のみの搭載なんですかねぇ。
I2とI5では聞いたことがありますがLやYでは聞かないんですよね。

最後におまけ。

s-iIMG_0158.jpg
模型資料用にこんなのを買ってきました。223系はキャッチコピーで即決(笑)
「最速」とか「高性能」とかそんな言葉に弱い最近です(笑)
内装とかはなかなか参考になりますねー。
207系特集の方はインバータ機器周りの写真があったのがありがたかったです。

どこか225系と321系の特集を組まないですかねぇ・・・。
いい特集だったら即決で買っちゃうんですがね。

明日は模型記事です。多分。

では。失礼いたします。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カウンター
リンク
もう一人の黄帯快速
ハル一番っ!

ハヤテのごとく!関連・春風千桜FC(ファンクラブ)
※公衆での閲覧は遠慮した方がいいと思います。
プロフィール
HN:
黄帯快速
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1991/07/27
職業:
見習いホテルマン
趣味:
鉄道模型・鉄道イラスト製作・車・漫画
自己紹介:
とあるホテルで働く見習いホテルマン。
221~225系を中心としたJR西日本新型車が好き過ぎる人。
新型車ならたいてい好きです。どっちかと言うとアンチ旧車。

結構ものの好き嫌いが激しいです。
嫌いなものについては時折キツイ一言が飛ぶ場合がありますが悪しからず。
また悪い冗談やたとえ話が飛ぶ場合もあります。
ちょい口の悪い人だと思ってくれれば幸いです。

(重要)読者様の「観る・読む」権利は自由です。
もし読んでて不快に感じた場合は黙ってお帰りください。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]