忍者ブログ
本日は北播車輌(架)にお越し頂き誠にありがとうございます。 ここでは主に新型車両を中心に車輌加工等を下手ながら行っております。 他にもイラスト、実車撮影、車等も扱っております。 つまらないかもしれませんがごゆっくりどうぞ。 開設日 2007年5月27日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんは。最近あることで疑問が浮かんでる管理人です。

こっちでは関係のない事なんですがね。

向こうで書こうかなと思ってるんですが誤解なく書くにはどうすればいいだろうか・・・と考えてます。

今日は阪神8000系8211Fの製作記を書こうと思ったんですが3日連続でそれを書くのもなぁ・・・と思って今日はイラストの記事にします。

阪神8000系8211Fはあとクーラーと台車がつけば完成です。

今日のイラストは・・・阪急8300系です。

35a798a1.jpeg
これです。実車の写真がこれしかなかった・・・。

まぁご存知だと思いますけど、阪急8000系の京都線仕様の車両です。
全84両が特急から各駅停車まで幅広く活躍してます。

この車両は比較的新しい割にはなかなか編成バリエーションが面白いのでついつい7編成も描いてしまいました。

まぁコピペが出来れば難しい作業ではないんですがね。

それでは、どうぞ。

まずは8連固定編成から。

hankyu8300_8300_8.PNG
阪急8300系のトップナンバー、8300Fです。台車はFS369A(阪急ミンデン台車)です。
インバータ機器形状が異なるようですが山側に筐体があるので(このイラストは海側)問題なしです。

hankyu8300_8303_8.PNG
こちらは2次車の8303Fです。2次車は前面形状が変更され、くの字型になってます。
車番が前面窓下に入るのもこの編成からです。台車は8300Fと同じくFS369Aです。

40bad702.png
で・・・前回紹介した8315Fです。阪急マークもしっかり入れておきました。
3次車は2次車より窓が下に延長されて、車番がガラスの下に入りました。
シングルアームパンタがカッコいいですなぁ・・・(笑)
台車はボルスタレス台車のSS139Aです。

続いて2+6両編成です。

536da71b.png
8330F+8310Fです。1次車の2+6両編成です。
基本的には8300Fと変わりません。上の写真の編成です。

75d59a26.png
8333F+8314Fです。1本のみが存在する2次車の2+6両編成です。
この編成は2次車ながらボルスタレス台車のSS139Aを履いています。

続いて・・・2+6両編成ですが7300系を梅田側に併結した編成です。

cbb1cd48.png
7300系7325F+8300系1次車8311Fの8連です。
もちろん7300系の車体や床下機器もしっかり再現してますよ。

dcf85636.png
こちらは7300系7326F+阪急8300系3次車の8304Fです。
GMから出た「阪急8300系3次車交差パンタ車6両セット」の編成ですね。
台車は8315Fと同じボルスタレス台車のSS139Aを履いてます。

阪急7300系も床下がもう2タイプ描いてあるので描いていけそうです。

普通の8連、6+2連、7320F、後ちょっとボディを変えればアレも・・・。
(7300系と床下が共通なヤツが1本だけいましたよね。もう解体されましたが・・・)

阪神も面白いですが阪急も面白いですねぇ・・・。ファンが多いわけだ。
「ちょっとしかない違い」を探すのが個人的に面白いです。

では。失礼いたします。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カウンター
リンク
もう一人の黄帯快速
ハル一番っ!

ハヤテのごとく!関連・春風千桜FC(ファンクラブ)
※公衆での閲覧は遠慮した方がいいと思います。
プロフィール
HN:
黄帯快速
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1991/07/27
職業:
見習いホテルマン
趣味:
鉄道模型・鉄道イラスト製作・車・漫画
自己紹介:
とあるホテルで働く見習いホテルマン。
221~225系を中心としたJR西日本新型車が好き過ぎる人。
新型車ならたいてい好きです。どっちかと言うとアンチ旧車。

結構ものの好き嫌いが激しいです。
嫌いなものについては時折キツイ一言が飛ぶ場合がありますが悪しからず。
また悪い冗談やたとえ話が飛ぶ場合もあります。
ちょい口の悪い人だと思ってくれれば幸いです。

(重要)読者様の「観る・読む」権利は自由です。
もし読んでて不快に感じた場合は黙ってお帰りください。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]