忍者ブログ
本日は北播車輌(架)にお越し頂き誠にありがとうございます。 ここでは主に新型車両を中心に車輌加工等を下手ながら行っております。 他にもイラスト、実車撮影、車等も扱っております。 つまらないかもしれませんがごゆっくりどうぞ。 開設日 2007年5月27日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは。阪急7300系が魔改造(とんでもない改造)を受けているのに、掲示板で全く見向きもされない事に少し驚いている管理人です。

まぁうちのブログはJR系、私鉄はおまけって感じですから仕方ないかも、ですが…。

今日も部活で河川調査に行ってきました。

で、今日はそれを話題にしようと思います。

趣味の欄に書いてたんですが、記事にするのはこれが初めてですね。

河川調査とカッコ良く言っても、川へ入って魚捕りをするって事なんですがね。

とりあえず今日の成果です…。

☆捕れたもの 
細かいことはリンク先の「wikipedia」を参照下さい。
オイカワ(wikipedia)
カワムツ(wikipedia)
コウライニゴイ(wikipedia)
ムギツク(wikipedia)
イトモロコ(wikipediaなし)
タモロコ(wikipedia)
ドジョウ(wikipedia)
ナマズ(wikipedia)

今日は捕れませんでしたが、こんなのも同じ川にいます。
スジシマドジョウ(wikipediaなし)
モツゴ(wikipedia)
メダカ(wikipedia)
一部画像がないやつも居ますがそれはyahooとかで検索してみてください。wikipediaすらないのも居ますが…。

中学2年の頃は管理人一人で金魚水槽2本と合わせて計4本の水槽を管理していた時代もありました。

中学生になっても、自転車で川へ出向いて、網とバケツを持って魚を追い掛け回してました。

日本産の淡水魚は20種以上は飼った事ありますね。

今でも好きですが、飼うのは部活でって感じですね。

観賞魚といえば熱帯魚や金魚、錦鯉ですが管理人は日本産淡水魚を推しますね。

銀色や黒線が入っただけの地味なカラーリングですが、素朴な美しさで、管理人は大好きです。

自分で採集できるっていうのも愛着わいて良いですよ。

今日捕れた魚の中では、ムギツクが一番のお気に入りです。

観賞魚としての価値も十分ですよ。本当にキレイなんです。
(たまーにペットショップで売られてたりしてます)

でもそんな素朴な美しさを持つ日本産淡水魚も、今重大な危機に瀕しています。

河川工事や水質悪化はもちろんのこと、最近問題となっているのは、これです。

「外来魚の侵入による生態系破壊」

皆様は、「ブラックバス」や「ブルーギル」という魚をご存知だと思います。

知らない人は検索してみてください。

ブラックバスは、スポーツフィッシング用にアメリカから移入された魚です。

非常に肉食性が強く、闘争心も高いのでスポーツフィッシングには格好の魚です。

その肉食性故に在来の生態系を破壊し、現在大問題となっています。

ブルーギルは現在の天皇がアメリカから持ってきたものが野生化したのがおおもとです。

こちらは雑食性ですが魚卵などを好み、これがまた問題となっています。

また両種とも繁殖力が強く、丈夫です。

ちょっと想像してみて下さい。

ある川に日本産淡水魚が居ましたが、成魚が片っ端からブラックバスに食べられ、せっかく産んだ卵でさえブルーギルに同じように片っ端から食べられました。

この川の魚はどうなりますか?恐らく、全滅でしょうね。

現に、大きなコイとブラックバスとブルーギルとアメリカザリガニしか居ない池だって最近は存在します。

生態系が破壊しつくされた典型ですね。

だから、管理人は許しません。

ブラックバスやブルーギルを。

網に入ろうものなら即、殺します。

「魚に罪はない」と言うのはただの甘えです。そんなだからいつまで経っても減らないんです。

ところで何故問題になるほどブラックバスが増えたのか?と思う方もいらっしゃると思いますのでそれを説明したいと思います。

それは簡単に言うと、

「自己中心的な釣り人による悪質な密放流が散々繰り返された」

です。

「自分の家の近くの池で、手軽に釣りたい」という自己中心な甘い考えで、こんなことやった大馬鹿者が居るんです。

「でも、釣るんだから数が減るんじゃない?」と思う方もいらっしゃるかと思います。

でもバス釣りには、こんな暗黙のルールがあります。

「釣ったブラックバスはリリース(再放流)する」

というとんでもないルールがあります。

リリースで、口を怪我してそこから感染症の菌が入ったり、餌を取れなくなって死んでしまうのも居ますが、大半はその屈強な生命力で生き延びるんです。

だからいつまで経っても減らないんですよ。

そこで琵琶湖などの一部の湖では、「リリース禁止」(釣った外来魚は持ち帰るか殺せ)という画期的な条例を打ち出したんですが…。

琵琶湖でのリリース禁止条例に対し、訴訟を起こすという超自己中心的な芸能人が居ました。

清水 国明(国は旧書体ですが、このPCでは出ない)という奴です。

ブックオフのコマーシャルに時々出てる人ですね。

そして裁判の結果はもちろん、原告側の敗訴です。

まあ当たり前ですよね。琵琶湖の漁業者の方がどれだけ苦労しているか…。

それで、まあ最近になって、「外来生物法」という法律が出来て、特定外来指定動物にこの2種は指定されました。

これで密放流は規制されましたが、リリース禁止はまだ全国で制定されていません。

あ、飼育も禁止されてますよ。

管理人が思うに、バス釣りとバス釣りをする釣り人は、

「日本の川をメチャメチャにぶっ壊す環境テロリスト」

だと思っています。

マナーも悪い方、多いですしね。

自然環境を踏みにじって
楽しいですか?

日本国民共有の後世に残すべきものをぶっ壊して良いんですか?

このブログを見てくださっている方でもしバス釣りをやられている方がいらっしゃいましたら、お願いですから、ブラックバス釣りから足を洗ってください。もしくは、釣り上げたブラックバスをみんな殺してください。

友人にそんな方がいらっしゃったら、ブラックバス釣りがいかに問題か教えてあげて下さい。

そして、やめさせてあげて下さい。

いつか外来魚が日本から消える日まで。


今日は全く違うジャンルのお話でしたが、如何だったでしょうか?

明日は通常通り普段のブログに戻ります。

では。失礼いたします。

 

拍手[5回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カウンター
リンク
もう一人の黄帯快速
ハル一番っ!

ハヤテのごとく!関連・春風千桜FC(ファンクラブ)
※公衆での閲覧は遠慮した方がいいと思います。
プロフィール
HN:
黄帯快速
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1991/07/27
職業:
見習いホテルマン
趣味:
鉄道模型・鉄道イラスト製作・車・漫画
自己紹介:
とあるホテルで働く見習いホテルマン。
221~225系を中心としたJR西日本新型車が好き過ぎる人。
新型車ならたいてい好きです。どっちかと言うとアンチ旧車。

結構ものの好き嫌いが激しいです。
嫌いなものについては時折キツイ一言が飛ぶ場合がありますが悪しからず。
また悪い冗談やたとえ話が飛ぶ場合もあります。
ちょい口の悪い人だと思ってくれれば幸いです。

(重要)読者様の「観る・読む」権利は自由です。
もし読んでて不快に感じた場合は黙ってお帰りください。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]