忍者ブログ
本日は北播車輌(架)にお越し頂き誠にありがとうございます。 ここでは主に新型車両を中心に車輌加工等を下手ながら行っております。 他にもイラスト、実車撮影、車等も扱っております。 つまらないかもしれませんがごゆっくりどうぞ。 開設日 2007年5月27日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんは。最近軍事方面も面白いなと感じる管理人です。

まぁこれは友人の影響(ってか友人が観ていた某作品の影響)なんですけどね(汗)
「守りたいから私は飛ぶ!」・・・見た目こそ敬遠されるかもしれませんがストーリー自体は素晴らしく熱く前向きな某作品です。

で・・・特に気になるのがWW2のドイツ空軍。
「スツーカ大佐」と呼ばれたハンス・ウルリッヒ・ルーデルの逸話とかが好きですね。
すご過ぎますよ・・・この人の残した記録は。

今日は友人と一緒に225系の最新編成、0番台の18編成目のI7編成の試運転を撮影してきました!

前回のI6と違って今回はI7編成盛りだくさんでお送りいたします!!

それでは続きへ。


I6編成はどこへ行ったのかなと金曜見た運用を頼りに予想して加古川で待ち伏せ。

s-wwIMG_0333.JPG
普通/網干行き。V3編成。
前にJ14をつないだ10両編成。

s-wwIMG_0335.JPG
予想していたA0224運用はハズレ。W24編成。
まぁ運行番号の下2桁と編成番号が揃ったからよしとしようか・・・!?

s-wwIMG_0336.JPG
「はまかぜ」2号が通過。H05編成。
とっさの流しですが・・・どんなもんでしょう?

s-wwIMG_0337.JPG
B15編成。

s-wwIMG_0339.JPG
ホーム反対側に移動してA10編成。本日もお美しい・・・。
しかし傾きましたね・・・orz

後続の新快速で神戸へ。神戸でいったん改札を出て兵庫へ。

着くと同時にI7編成が入線。

s-wwIMG_0340.JPG
今回和田岬線ホームにやってくるのは初めてです。DE10が切り離されて見えたI7編成の姿。
ギャラリーは20名ほど。・・・ちょっと思う事があるので後で書きますね。

とりあえず今はピカピカのI7編成の姿をお楽しみください・・・。

s-wwIMG_0342.JPG
DE10と並び。付け替えのためDE10が反対側へ移動します。

s-wwIMG_0344.JPG
前面。中間連結器がついているのもこの時ならでは。

s-wwIMG_0345.JPG
横から。789系も連結器高さが同じなんでしょうか。

s-wwIMG_0347.JPG
ピカピカのWPS28C形パンタグラフ。

s-wwIMG_0348.JPG
ジャンパ線の塗り方の参考になりそうです。

s-wwIMG_0354.JPG
s-wwIMG_0355.JPG
車両制御装置と配電盤(山側)。I6がクーラー東芝+VVVF東芝の組み合わせだったのでI7はクーラー三菱+VVVF三菱の組み合わせになっています。
模型化するには一番しんどい編成ですね。KATOが川重仕様で出してくれれば難しくはないんでしょうけど・・・。
(ちなみにI6はTOMIXの基本Bを4セット使えば実車通りの形態を再現可能です・・・あまりオススメしませんが)

それにしても出場したての車両ほど既製品加工の参考になるサンプルはないですね・・・!

s-wwIMG_0351.JPG
s-wwIMG_0352.JPG
サイドを。

s-wwIMG_0353.JPG
前にはDE10がつながれています。

s-wwIMG_0356.JPG
パンタグラフを後ろから。配管の色が分かります。

s-wwIMG_0358.JPG
クモハ225-18。7本目のI編成です。

s-wwIMG_0359.JPG
編成全体をもう一度。

s-wwIMG_0360.JPG
もう一枚。

s-wwIMG_0361.JPG
最後に前面をもう一回。

この後鷹取駅へ向かいました。

今日はここまでです。次回鷹取編に続きます。

では。失礼いたします。








・・・今回の撮影で初めて兵庫駅和田岬線ホームにお邪魔させて頂きました。
有人改札が開放されていてホームに立ち入れることに非常にありがたく思いました。
しかし・・・ロープを越えてまで撮影したのは本当に良かったんでしょうか。
まぁ同業者に促され立ち入ってしまったのにこういう事をいうのは非常にまぁ説得力がないんですけど。
JRの係員さんも立ってて特に何も言われませんでしたけど。
とりあえず・・・もうあの場所へはおそらく行かないと思います。いろいろと罪悪感があるので。
やはり後ろめたい撮影はしたくありませんからね。
それと・・・I7編成入線時に他の同業者に罵声を浴びせた大馬鹿野郎がいたのには非常に残念でした。
30分近くも停車するあの場所で急いで撮る理由などあったんでしょうか。
初めてこのような場面をリアルで見てしまったので非常に残念です。

今日全体を見ているとやはり中高年の同業者に横柄な態度が目立ちましたね。
かといって自分たちが気を配らなくていいということはありません。
今日はこの事ではありませんが自分にも反省しなければならない点もありました。

ただでさえ「鉄道ファン」への風当たりが強くなっている昨今。先日は目を疑うような事件もありました。
自分の首を自分で絞める事のないよう、「撮り鉄」という趣味が継続できるよう、みんなでマナーを守って楽しく撮影できるようにしていきたいですね。

このブログを読んでくださっている皆様がそのような方であることを願います。
ネタばかりが鉄道写真じゃないです。ふと見れる日常の光景もいつかは見られなくなるものなんですから。

それでは長文になりましたが・・・失礼いたします。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんばんは。お返事遅れてすいません。
コメントありがとうございます。管理人の黄帯快速です。

そうなのですか。ですが意味は違ってもやはりどうにかうまいやり方はなかったのかなぁというのが本音です。
ただ…仰るとおり行っても引かない方や周りの見えない方への対策は頭の悩みどころですね。

そうなんですか。
うちもYoutubeにて動画を上げさせていただいております。トップ記事のほうからいけますのでよろしければどうぞ。

こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。

では。失礼いたします。221rapid
黄帯快速 2012/09/13(Thu)22:12:32 編集
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
リンク
もう一人の黄帯快速
ハル一番っ!

ハヤテのごとく!関連・春風千桜FC(ファンクラブ)
※公衆での閲覧は遠慮した方がいいと思います。
プロフィール
HN:
黄帯快速
年齢:
25
性別:
男性
誕生日:
1991/07/27
職業:
見習いホテルマン
趣味:
鉄道模型・鉄道イラスト製作・車・漫画
自己紹介:
とあるホテルで働く見習いホテルマン。
221~225系を中心としたJR西日本新型車が好き過ぎる人。
新型車ならたいてい好きです。どっちかと言うとアンチ旧車。

結構ものの好き嫌いが激しいです。
嫌いなものについては時折キツイ一言が飛ぶ場合がありますが悪しからず。
また悪い冗談やたとえ話が飛ぶ場合もあります。
ちょい口の悪い人だと思ってくれれば幸いです。

(重要)読者様の「観る・読む」権利は自由です。
もし読んでて不快に感じた場合は黙ってお帰りください。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]