忍者ブログ
本日は北播車輌(架)にお越し頂き誠にありがとうございます。 ここでは主に新型車両を中心に車輌加工等を下手ながら行っております。 他にもイラスト、実車撮影、車等も扱っております。 つまらないかもしれませんがごゆっくりどうぞ。 開設日 2007年5月27日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おはようございます。

昨日の購入分でようやく所有車両数が100両に達した管理人です。
でもその5分の1(20両)が103系なんですが(笑)

この記事は、昨日購入した207系のボディ、屋根のみのジャンク品を207系のモハとサハに仕立て上げたある暇人高校生のの奮闘記である・・・。

というふざけた前置きは置いておいて・・・。

早速加工に移ります。

今回は足回りにカトー321系のものを使用しました。

SN340159.jpg
207系の窓ガラスとカトーの床下はそれぞれ干渉箇所があるのでそれぞれを加工します。
この写真は加工が終わった図です。
207系の窓ガラスは両端の一番長い出っ張りを根元までカットしました。
321系の床下は一番左側にある2つの棒状の突起を根元からカットしました。
こうするとちゃんとはまるようになります。

SN340160.jpg
完成した屋根上の様子です。サハの屋根はパンタ台、配管などをヤスリとカッターで削り落とした上に穴に瞬間接着剤を流し込んで、更にそれをヤスリで削って上からグレーを塗りました。
クーラーは207系用のWAU702型が品切れだったのでカトーのE217系クーラーを用いました。

次は完成した1両ごとの写真です。

SN340161.jpg
幌がついてないんですが・・・。完成です。
車番はサハ207-2321ということにしておきます。
2321のわけは、インバーターがIGBTなので2000番台で、321系の床下を使ったためです。

SN340162.jpg
モハ207-2321です。今は1基パンタですが将来的には2基パンタに改造します。
優先座席は富士川車輛製造のステッカーを用いました。

順序が逆ですがもっと分かりやすい屋根の比較も載せときます。
SN340163.jpg
103系が写ってしまってますが・・・。屋根上です。多少クーラーが大きいですが、比較的それっぽく見えるので良しとします。サハの配管の跡がまだ残ってしまってますねぇ~。

最後の写真です。

SN340164.jpg
7連を組みました。悲願の7連化達成です!7連は長くて良いですね。
これで201系や205系、321系と同等になりました。

他にも昨日は103系も組み立てましたが、それはまた明日の記事にします。

今日は20両ある103系のほぼ全ての車両に手を入れようかと思っています。

明日の記事をお楽しみに。

では。失礼いたします。

拍手[0回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カウンター
リンク
もう一人の黄帯快速
ハル一番っ!

ハヤテのごとく!関連・春風千桜FC(ファンクラブ)
※公衆での閲覧は遠慮した方がいいと思います。
プロフィール
HN:
黄帯快速
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1991/07/27
職業:
見習いホテルマン
趣味:
鉄道模型・鉄道イラスト製作・車・漫画
自己紹介:
とあるホテルで働く見習いホテルマン。
221~225系を中心としたJR西日本新型車が好き過ぎる人。
新型車ならたいてい好きです。どっちかと言うとアンチ旧車。

結構ものの好き嫌いが激しいです。
嫌いなものについては時折キツイ一言が飛ぶ場合がありますが悪しからず。
また悪い冗談やたとえ話が飛ぶ場合もあります。
ちょい口の悪い人だと思ってくれれば幸いです。

(重要)読者様の「観る・読む」権利は自由です。
もし読んでて不快に感じた場合は黙ってお帰りください。
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]